学会長期ビジョン

2022年度に素案を策定後、2023年度、企画委員会で検討し、正式に策定する予定です。