全国大会開催のお知らせ

第37回日本観光研究学会全国大会開催のお知らせ

第37回日本観光研究学会全国大会を下記の通り開催いたします。
■開催日時:2022年12月16日(金)・17日(土)・18日(日)
■会場:金沢大学角間キャンパス 人間社会第2講義棟
■プログラム
【12月16日(金):大会1日目】
 午後 エクスカーション(2コース)
     コース1:金沢港クルーズターミナルと醤油のまち大野(予定)
     コース2:金沢の町並みとクラフトビール(予定)

【12月17日(土)大会2日目】
 10:30-12:00 ワークショップ/日本観光振興協会との連携事業報告
 13:00-14:30 研究発表会
 15:00-18:00 シンポジウム
 □シンポジウム企画
  テーマ:「新しい働き方/住まい方と地域の可能性」
   登壇者(予定)
    株式会社KabuK Style Co-CEO:大瀬良 亮 氏
    金沢市観光協会:(調整中)
    金沢大学教授:藤生 慎准氏
    阪南大学教授:森重 昌之氏

【12月18日(日)大会3日目】
 09:00-12:20 研究発表会
 13:20-16:40 研究発表会

*時間は現段階での予定です。
*詳しくは、9月末(予定)にお届けする会員様向け郵送物でご確認ください。
*新型コロナ感染症の状況に応じて、オンラインでの実施に変更することがあります。その場合はメールニュース、学会ホームページでお知らせします。

「全国大会論文(査読なし部門)」募集について

全国大会論文(査読なし部門)の募集を開始します。
受付期間:2022年9月12日(月)~9月26日(月)17:00まで

全国大会論文(査読なし部門)の投稿を希望される方は、下記サイトをご覧ください。
https://www.jitr-ac2.com/
投稿・手続きの流れ、規程類(投稿規程、執筆要項、論文テンプレートなど)、大会論文変更の概要・経緯など、詳細をご確認いただけます。論文投稿に際しましては、このサイト内の諸事項を熟読していただくようよろしくお願いいたします。

【投稿のための入会手続き・期限】
本会では全ての論文投稿のためには、第1著者が「日本観光研究学会会員」であることが必要です。査読なし論文の投稿予定の第1著者の方で、まだ入会されていない方は9月12日(月)必着で、入会申込書を事務局まで送付の上、会員番号が通知された後、応募してください。
入会申込書等はこちらからダウンロードできます。
https://jitr.jp/join/information
入会審議の結果は9月20日(火)前後にご連絡いたします。

*新型コロナウィルス感染症の影響で、全国大会、および学術論文発表会の形式がオンラインに変更になる可能性がございます。これらの変更が生じた場合は、速やかにこちらのHPでお知らせします。
*17日(土)・18日(日)の発表時間は、大会学術委員会で決定いたします。定められた発表時間の変更はできませんので、予めご了承ください。

全国大会論文(査読なし部門)に関する質問や不明な点がある場合は、大会学術委員会にお問い合わせください。
ac2@jitr.jp

第37回全国大会 研究ワークショップ募集について

第37回全国大会において、研究ワークショップを開催します。研究ワークショップとは、新しい観光研究の視座の提示、観光をめぐる萌芽的な研究の促進、および研究者の交流の機会で、本学会員の皆さんがテーマを企画・提案し、開催するものです。その成果は機関誌『観光研究』に掲載され、広く学会員の皆さんにも共有されます。

<実施概要>
日時:12月17日(土)10:30-12:00
会場:金沢大学角間キャンパス(石川県金沢市)
※新型コロナウィルスの感染拡大により、オンラインで開催される可能性がございます。オンライン開催の場合、オンライン会議室の設定、管理は主催者側で行っていただきます。なお、対面、オンライン併用のハイブリット型はございません。
形式:講演、研究発表、ディスカッション、グループワークなど。 ※特に定めていません。
設備:PC、プロジェクター、スクリーン、マイク
※その他、必要なものは主催する研究グループが用意してください

つきましては、正会員の皆さまによる研究ワークショップの企画・提案・開催を募集いたします。
応募を希望される場合は、下記、募集要項と応募用紙をご確認ください。

研究ワークショップ募集要項
研究ワークショップ応募用紙

【応募登録用紙の提出締切】2022年9月26日(月) 17時
【応募登録用紙の提出先・問合せ先】メール:info@jitr.jp