日本観光研究学会

全国大会

学術論文応募方法

第36回全国大会論文の応募方法について

第36回全国大会は、2021年12月4、5日に立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市)で開催されます(予定)。
既にご案内さし上げているとおり、今大会より、「査読付き部門」が設置され、全国大会論文(査読付き部門)の募集を開始します(受付期間は2021年5月10日(月)17:00まで)。
なお、従来通りの「査読無し部門」は継続され、論文募集の〆切は10月1日(金)を予定しています。

全国大会論文(査読付き部門)の投稿を希望される方は、下記サイトをご覧ください。
https://www.jitr-ac2.com/

投稿・手続きの流れ、規程類(投稿規程、執筆要項、論文テンプレートなど)、大会論文変更の概要・経緯など、詳細をご確認いただけます。論文投稿に際しましては、このサイト内の諸事項を熟読していただくようよろしくお願いいたします。
なお、今回の論文募集から稼働するシステムでは、会員番号の入力が必須項目になっています。

【投稿のための入会手続き・期限】
本会では全ての論文投稿のためには、第1著者が「日本観光研究学会会員」であることが必要です。査読付き論文の投稿予定の第1著者の方で、まだ入会されていない方は4月7日(水)必着で、入会申込書を事務局まで送付の上、会員番号が通知された後、応募してください。入会申込書等はこちらからダウンロードできます。
https://jitr.jp/join/information

入会審議の結果、会員番号の通知は4月21日(水)前後にご連絡いたします。
なお、「査読なし論文部門」に関する入会申込の〆切は9月1日(水)必着を予定しています。

【今大会からの主な変更点】詳細は前述サイトをご覧ください。
・査読付き部門が設置されました。
・全ての論文(査読付き部門、査読無し部門)をJ-STAGEに掲載します。
・投稿料が15,000円に変更されました。査読付き部門で採用された場合、さらに掲載料20,000円が生じます。

新型コロナウィルス感染症の影響で、全国大会、および学術論文発表会の形式がオンラインに変更になる可能性がございます。これらの変更が生じた場合は、速やかに本学会HPでお知らせします。

全国大会論文(査読付き部門)に関する質問や不明な点がある場合は、大会学術委員会にお問い合わせください。
ac2@jitr.jp